2013年09月07日

まる花の醤油豚骨ラーメン

  


 ラーメン放浪記 163


 「まる花」が開店してもう4~5年が経つのでしょうか?

店主さんは人気ラーメン店の「山為食堂」から独立したと云う事もあり

開店当初は夜の営業時間(午後5時以降)のみ提供していた

山為と同じ味のラーメンを目玉ラーメンにしていました。


 というのは「山為食堂」は午後5時までの営業で

時間的にかぶらないようにという配慮からだったと聞いています。


 しかし、「まる花のオリジナルのラーメン」がとても評判になり

いつのまにか山為と同じ味のラーメンは、メニューから無くなりました。



 今回は「まる花」の醤油豚骨ラーメン。





 和歌山市内で唯一“横浜家系”のラーメンを提供するお店です。


 ラーメンの種類は「醤油 豚骨ラーメン」と「塩 豚骨ラーメン」の2種類。

麺は「太麺」か「細麺」を選択できます。

 トッピングで、肉増し(チャーシュー多め)やほうれん草増し、海苔増し、うずらの卵増し

  などを注文することも可能です。



今回注文したのは、「醤油豚骨ラーメン」+「ご飯」 (630円+120円)





  醤油豚骨ラーメンのお顔です。




  いかにも、濃厚そうなスープ。

 見た目は脂がきつそうで、胸やけしそうなのですが・・・。


 
 お味です。


 スープは乳化度合いが強い豚骨。

クリーミーで思ったより脂っこくなく、とても美味しい。

横浜家系のスープには、鶏皮から取った脂が加えられていて

  充分すぎるほどのコクと独特の風味を感じます。


 仕事中は無理でしょうが、ニンニクのすりおろしたをひとさじ加え

ゴマと胡椒を振りかけると、より美味しくなります。



 またこのスープにはご飯が良く合い

  海苔をスープに浸して、ご飯に巻いて食べるととても美味。



 麺は「太麺」か「細麺」を選べますが、今回は細麺。

細麺でも、充分にコシがあり麺の味も活きています。


 以前は太麺ばかり頂いていたのですが、

食べ応えが有り過ぎる感が有るので

  最近は細麺を選択しています。

  この太麺もよくありがちな粉っぽさも全くなく、美味しい麺。



 具材はチャーシュー、海苔、ほうれん草、うずらの卵、葱です。

チャーシューはとても大きく、味付けは薄味で歯ごたえも充分。

ほうれん草、うずらの卵、海苔ともにこのスープとの相性も抜群。

 ただ以前より葱の量が減ったのは少し残念です。




 総括として

 和歌山で食べられる数少ない“横浜家系”のラーメン。

いつの間にか人気店になってしまいました。

 私が訪れた土曜日の午後1時半頃でも店内は満員で

  お店の外の椅子に座って10分あまり待ちました。


 ラーメンとしては、スープの味、麺、具材の豊富さ

全てにおいてバランスも良く、とても満足のいくもの。

    これで630円はお得感があります。


 がっちりとラーメンを食べたい時に

   お薦めする「まる花」のラーメンです。



 「まる花」

 場所:和歌山市出島2741
 電話:073-474-7041
 営業時間:11:00~14:00  17:00~22:30
 定休日:第一月曜、毎週火曜
 駐車場:有り





同じカテゴリー(ラーメン放浪記)の記事画像
長浜ラーメンのチャーシューめん
味丸 県体前
麺屋 鳥見本の鶏骨塩ラーメン
まる宮の中華そば
壱旨屋のラーメン
グリーンコーナーのスタミナラーメン
同じカテゴリー(ラーメン放浪記)の記事
 長浜ラーメンのチャーシューめん (2013-11-11 22:16)
 味丸 県体前 (2013-09-23 21:23)
 麺屋 鳥見本の鶏骨塩ラーメン (2013-09-15 20:25)
 まる宮の中華そば (2013-09-01 19:08)
 壱旨屋のラーメン (2013-08-24 14:03)
 グリーンコーナーのスタミナラーメン (2013-08-16 19:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。