2012年06月29日

サッポロラーメン

   ラーメン放浪記 102



 私がまだ学生の頃、和歌山市内には「サッポロラーメン」のお店が数店ありました。

それが今、このお店だけになってしまいました。





 私もこちらを訪れるのは、十数年ぶり。だと思います。



 ブログでこちらの「塩、にんにくラーメン」が美味しいと知ったので、早速行って来ました。

サッポロラーメンの中では、個人的な好みは「塩ラーメン」。

それに、にんにくが入っているということで期待が“特大”になっていました。



 ラーメンのお顔です。



      「塩、にんにくラーメン」  750円



   お味です。


 スープはもちろん塩味ですが、

  塩ラーメンはあっさりしているという感覚どおり

   コクとキレのあるスープで、あっさりしているのがとても良いです。

  よく出汁は何で摂っているのかとか考えますが、

   理屈抜きに、美味しくてさっぱりした味。

    豚骨スープのような油っぽいスープとは、範疇が違うものです。



 麺は中太ちぢれ麺。


  こんな感じです。




   サッポロラーメンはこの麺じゃなくっちゃ。

  食感も充分で、茹で加減も良い感じ。

   コシと麺の味を味わえるものです。



 具材は茹で卵、豚バラにくのチャーシューを厚めに切ったのが2枚、少量のキャベツ、もやし、葱。

    そしてにんにくラーメンなので、にんにくのチップ。

  野菜類がもう少し多い方が、食感も増して良いかも。

   チャーシューはかなり濃い目に味付けされていますが、あっさりした塩ラーメンの中では

     個性を主張しすぎていました。


    そして、にんにくのチップが塩ラーメンにとてもマッチしていて

     くどすぎず、風味と味に深みを加えています。



     全体的には、この「塩、にんにくラーメン」

    普通のサッポロラーメンと違った、個性的なものでとても楽しませてくれたラーメンです。






     「サッポロ」

     場所:和歌山市畑屋敷端ノ丁9
     営業時間:11:30~14:30  17:00~翌3:00 金曜土曜は4:00まで営業
     定休日:昼は日曜日、夜は第3日曜日
     その他:駐車場無し
         


Posted by こまっちゃん at 19:45Comments(5)ラーメン放浪記

2012年06月28日

下半身まひのわんこちゃん

 

  今日の夕方、仕事を終えて帰宅途中に車から・・・見ました。

 台車に乗せてもらっているわんこちゃん。

はじめは飼い主さんにただ乗せられたものだと思っていたのですが

よく見ると、台車の荷台にひかれたお布団の上に下半身を横たえている。

台車もタイヤが大きいもので、特別にあしらった物のようです。


 そう、このわんちゃんは下半身が動かないのです。

犬種はコーギ―。

 毛並みもつやつやで、まだ若いのでしょう。

 
 自分の脚では散歩できないので、

飼い主さんが台車に乗せて散歩している姿。




 思わず、目頭が熱くなりました。




  どういう事情で歩けなくなったかは解りません。

 ただ、歩けない愛犬を台車に乗せて散歩している。




 歩ける犬の散歩もしていない飼い主さんが多い中

  愛犬のために、台車を押して散歩している飼い主さんがいる。



 犬や猫もそうですが、

  飼うという事の責任の重大さを感じた瞬間でした。



 家族の一員となった犬。

  「その犬の一生を幸せに終えるまで

             飼い主である人間が責任を持つ。」



 当然のことでしょうが、解っていない人も多いのでは?



 犬を飼い始めたなら、毎日散歩に連れていく。

  彼らは言葉が通じないのですから、

   不平不満は人に言えないのです。


 どうか・・・これから犬や猫を飼おうと思っている方

  今、飼っている方にお願いです。



 彼らの気持ちになって

  彼らが自分の立場だと思って

    接して下さい。  ・・・・・お願いです。




 今日見た台車に乗せてもらっていたわんちゃんは

  本当に幸せそうな顔をしていました。



      


Posted by こまっちゃん at 21:05Comments(2)つぶやき

2012年06月24日

キャッスルの中華そば

   ラーメン放浪記 101


 和歌山市内の中華そば屋さんは行き着く尽くした感のある昨今。

以前より気になっていたものの、少し入りづらいと感じていたお店に。

  和歌山市中島にある「キャッスル」。

   中華そば屋さんの名前らしくない店名。そして看板にある「カレー」の文字。


 行ったのは土曜の仕事を午後1時に終えて、中島まで直行。

お店に駐車場は無いので、向かいの食品量販店に置かせて頂き(E.G.さんゴメンなさい)

道を渡って、お店に。

  お店の中は奥行きが無く、横に広い細長い店内。





 注文したのは、中華そばとライスのセット。(700円)




 壁に貼っているお品書きを見ていると、中華そばとカレーがメイン。

  おでん、酒、ビールもあるので簡単な居酒屋使いも出来そう。


 ただ、中華そばとカレーの相性は“どうかいな?”とも思いますが。




 中華そばのお顔です。


  見た目は豚骨スープで、若干脂が膜を張っていて濃厚そうです。



   お味です。


  スープは見た目通りに、豚骨ベース。

 鶏がらも使っていると思いますが、完全に豚骨が勝っている。

 悪くはないのですが、豚骨の臭いが少し気になる。

  スープを摂る時の生姜とか葱のような臭い消しの具材が足りないのか、灰汁とりが良くないのか。

   でも、スープの味はまずまず。

    豚骨醤油を少し、塩味に振った感じでしょうか。

     辛味も丁度よく、濃厚すぎるわけでもない。

    コクはそこそこありますが、味のキレが足らない。というのが感想です。


 麺は柔らかめ。
  
  硬めに仕上げた方が、このスープには合うと思うのですが。



 具材はチャーシューが2枚、かまぼこが2枚、シナチク、葱と

  和歌山の中華そばの定石どおりです。



  全体的には、麺の硬さ、スープの臭いを改善すれば、

   もっと美味しくなる可能性を感じる「中華そば」でした。






    「キャッスル」

    場所:和歌山市新中島128-6
    ℡:073-475-1658
    営業時間:11:30~13:30  17:30~24:00
    定休日:日曜
    その他:駐車場無し、酒、ビール有り

  



  


Posted by こまっちゃん at 22:24Comments(32)ラーメン放浪記

2012年06月16日

うらしまの中華そば

   ラーメン放浪記 100


 昨年の2月から、コツコツと書いてきました「ラーメン放浪記」。

今回で100回目となりました。


 100回記念という事で、ラーメンのランキングをさせて頂こうとも思ったのですが

  あくまでも、私の主観と偏見でブログを書いていますので

     順位付けなんて、とても出来ないと思います。


 それで今まで行ったなかで、私がとても印象に残ったお店に再度行って来ました。


  紀ノ川市の「うらしま」。





 営業時間が11:00~13:30と、とても短い中華そば屋さん。

私が訪れたのは、11:10頃。

 もう既に、6台置ける駐車場はいっぱいで国道沿いに数台の車が並んでいました。

  お店の入り口には、5人程並んでいるし。

   とりあえず、車が置けるまで駐車場待ちで15分。

 お店で空席待ちが10分。


 やっと席に付け。

さて、何を注文しようか?と思いましたが、お品書きはこれだけ。




 朝ご飯も食べずに来たので、中華そばダブルとめしを注文。


お店は30人近くのお客さんで満席状態なので、ラーメン待ちの人がいっぱい。

   そして待つ事、約20分。    そしてやっと、ご対面。




  中華そばダブル(650円)+めし(150円)



 前回はご飯(めし)が売り切れていて、悔しい想いをしましたが

  今回は念願が成就。 しかも中華そばはダブルです。



   中華そばのお顔です。





  お味は


 スープは濃厚な豚骨醤油。

  一般的な和歌山ラーメンのものよりかなり濃厚。

   トロっとしており、スープの量もかなり少なめ。

    醤油味はかなり辛い目に仕上がっていて、ご飯によく合うものです。

  ただ、スープの絶対量が少ないので、スープをおかずにしてご飯を食べると言うより

   チャーシューと麺をおかずにして、ご飯を食べている感じ。

    スープが濃厚な分、量としてはこれくらいが丁度いい。


  麺は細めのストレート麺。

   この麺の茹で加減が絶品で、少し硬めに仕上がっていて

    麺の旨さは、トップクラス。

     茹がき、湯切りの上手さが解るものです。


  具材は、豚バラ肉のチャーシューが6枚くらい、シナチク、葱。

   チャーシューも濃く味付けされており、濃厚なスープに負けていません。



    今回は中華そばダブルを頂きましたが、

     麺が全てスープに絡まずに提供されたのは、残念に思いました。

      まあ自分でスープに絡めて食べればいいのですが、

       スープの量が少ないので、ラーメン鉢の中で麺がぐちゃぐちゃになるのは

        あまり好きではありません。


         しかし、中華そばとしての味はとても美味しいものです。







     「うらしま」

     場所:紀ノ川市花野20-7 (国道24号線沿い コカコーラ向かい)
     ℡:0736-77-5473
     営業時間:11:00~13:30
     定休日:日曜、祝日
     駐車場:有り
     その他:酒、ビール無し






  


Posted by こまっちゃん at 19:33Comments(5)ラーメン放浪記

2012年06月15日

さらしな

   ラーメン放浪記 99


 和歌山市毛見の「さらしな」

  そう、辛いのがお好きな方ならご存知の方も多い

    “オロチョンちゃんぽん”の「さらしな」です。






  私は、唐辛子の辛いのが苦手です。

 今から20年近く前、友人のマックレーズさんとこの「さらしな」を訪れた事があります。

その時、注文したのが“オロチョンちゃんぽん”。

  一口食べた途端、あまりの辛さに私は無言になり・・・
 
    頭の毛穴から汗を吹き出しながら、もくもくと食べた想い出があります。


 約20年ぶりに訪れました。





    メニューです。


   居酒屋メニューも、そそられる物がたくさんあり

    焼きとん(焼き鳥ならぬ、焼き豚でしょう。夜限定らしいです。)

     もあり、居酒屋の様に使う事もできそうです。


   ちゃんぽんは

  具材を決めて、スープの味を決めて、大きさ(麺の量)を決めるシステム。



  それで私が今回、注文したのは




   (具材は)ミックス(スープは)しょうゆの、ちゃんぽん並(889円)+半ライス(99円)



 ちゃんぽんのお顔です。

 




  お味です。

 スープはしょうゆということですが、塩辛さが効いたものです。

  旨みも充分あり、まずまずのもの。

   私が感じるに、少し塩辛すぎるかなとも思いますが

    ご飯に合わせるならこれくらいが丁度いい加減です。

     ただもう少しスープの量があった方が、より良いかなとも思いますが

      ちゃんぽんはこんなもんだ!と言われれば納得します。


  
 麺は太めの中太麺で、柔らかめ。

  太いのに粉っぽくもない。

   麺の量も、これくらいが丁度いい感じです。



 具材は、はっきり言って“ちゃんぽん”の生命線。

  いか、えび、豚、野菜は大量のキャベツともやし。そして、きくらげ。


     特に、いかの風味が生かされているのが、

         美味しい一因となっていると思います。






  注文が入る度に、中華鍋でひとつずつ具材を炒めスープを張り煮込むことによって

        具材の旨みがスープに溶け込むのが、ちゃんぽんの魅力

               和歌山ラーメンとはまた違った味わいがあります。

                  野菜もたくさん摂れるのも、嬉しいですね。



    和歌山では珍しい、ちゃんぽん専門店。

      これからも、美味しいちゃんぽんを提供し続けて欲しいお店です。


       次回は、土日限定で提供している“長崎ちゃんぽん”を食べてみたいです。




     「さらしな」

     場所:和歌山市毛見65-5
     ℡:073-444-9246
     営業時間:11:00~15:00  18:00~23:00
     定休日:火曜日(祝日の場合、翌日)
     駐車場:有り
     その他:ビール、酒 有り   
     
           













  


Posted by こまっちゃん at 19:48Comments(2)ラーメン放浪記

2012年06月11日

福井食堂の中華そば



   ラーメン放浪記 98


 中ぶらくり丁をちょっと南に入ったところにある「福井食堂」です。






 以前、ライブの打ち上げで行った事があったのですが

  こちらの中華そばが気になっていました。


 大衆食堂という感じで、中華そばを頂く前に白和えをアテにして一杯だけ生ビールを



  この白和え、とても美味しいものでした。





    中華そば  500円


  お味です。


 スープは昔ながらの中華そばという感じの、醤油味。

  鶏がらと豚骨、野菜で出汁を摂っていると思いますが、流行りの豚骨の脂っぽさはなく

   あっさりと頂けるのが嬉しい。

 私が子供の頃の中華そばといえば、この味でしたのでとても懐かしい味。


  
 麺は中太麺で、柔らかめ。



 具材はチャーシュー、シナチク、かまぼこ、葱とシンプルですが

  充分です。

  チャーシューとシナチクは少し甘めに味付けされており

   豚ロース肉を使ったチャーシューは脂身も少なく、あっさりして美味しいです。



 大衆食堂の中華そばとしては、よく出来ていて

  個性は少ないですが、だれでも受け入れられるものだと思います。






  「福井食堂」

  場所:和歌山市新雑賀町71
  ℡:073-433-4722
  営業時間:11:00~21:00
  定休日:火曜日
  その他:駐車場無し、ビール・酒有り、一品もの小皿多種、鍋料理も有り  


Posted by こまっちゃん at 00:05Comments(2)ラーメン放浪記

2012年06月10日

THE OTA

  今日は午後1時半から宮井楽器店で行われた「STAGEA DAY」に行って来ました。

 お目当ては、バイオリンとエレクトーンのユニット “THE OTA”。

   お母さんとお二人の息子さんの、御家族ユニットです。






 昨年、一昨年とヤマハエレクトーンアンサンブル和歌山大会で優秀賞を受賞された素晴らしいユニットです。


バイオリンのソロとエレクトーンのお二人の心地よい音楽に、しばらく酔いしれました。





 道を歩く人も、足を止めたくさんの方が聴きいっていました。


 バイオリンの音ももちろんエレクトーンで再現できるのですが、

  生のバイオリンの質感は、エレクトーンでは表現できないものがあります。

   生楽器のバイオリンとエレクトーンのコラボレーションで、

    とても引き込まれる演奏でした。



 ヤマハ ステージアというエレクトーンの可能性の大きさを

   実感した素晴らしい演奏でした。
   

  


Posted by こまっちゃん at 19:33Comments(11)音楽♪

2012年06月05日

薄暮の時



  今朝は5時前に目が覚めました。

 自宅の外は“薄暮”。


   綺麗です。

    早起きは三文の得というところでしょうか。




  


Posted by こまっちゃん at 21:04Comments(4)つぶやき

2012年06月03日

香来のラーメン

   ラーメン放浪記 97


 前回に引き続き、JR和歌山駅地下の「香来」。

先週こちらで「香来麺」なるものを頂きましたが、

唐辛子の辛さにノックアウトでした。


 リベンジということで、今回は普通の「らーめん」を頂くことに。




  「らーめん」 600円

 本来は中華料理店なので、「らーめん」にはあまり期待はしていませんでした。





 見た目はスープが澄んでいる醤油ラーメンです。

  盛っている葱が見た目のアクセントでしょうか。



  さてお味です。


   スープはあっさりした醤油味。

    鶏がらから、基本に沿って煮出されたスープです。

    確かに中華料理店のラーメンスープですが、丁寧に摂られた出汁=スープで

    旨みとコクがあり、美味しいものです。

     最近は私の歳のせいか、この手のあっさりスープが好みになって来ました。

      ただ若い方には少々物足らないかもしれないですね。


   麺は細めのストレート麺。

    スープがあっさりしているので、相性は良いです。

    歯ごたえも丁度いい感じです。



   具材は、もやし、葱、シナチク、そしてチャーシューが少々。

    このチャーシューは注文が入る度にスライスしており

     かなり薄くスライスしているのですが、結構美味しいものでした。

     ただチャーシューの量が少ないのは、600円という値段を考えると

      仕方ないのかなとも思います。



   ラーメン専門店のものと比較して、あっさり目に仕上がっているので

    食べ応えは少し物足らないですが

    中華料理店のラーメンとしては、今まで食べた中ではお味は一番かも。

     小腹がすいた時にちょっと食べたくなる感じです。



    「香来」

    場所:和歌山ステーションビル 地下1階
    ℡:073-426-1881
    営業時間:10:00~22:00
    定休日:無休  


Posted by こまっちゃん at 13:52Comments(2)ラーメン放浪記