2012年05月28日

香来麺

   ラーメン放浪記 96


 所用で和歌山駅に行く機会があり、

地下の食堂街へ。


 以前は京風ラーメン店があった場所に「中華飯店 香来」というお店ができていました。

知人から美味しいと聞いていたので、お昼ご飯に寄ってみることに。


 中華飯店ということで、本来は中華料理店でしょうが場所がらラーメンに力をいれているのが

  メニューからも解ります。

 メニューの一番上に書かれている「香来麺」なるものをご飯とのセットで注文。




   ご飯とのセットで780円  なぜか?生卵付き。





  ラーメンのお味です。


 スープは辛味噌味で、坦々麺のものです。

  とにかく、唐辛子がよく効いていて辛いの一言。

   私は正直なところ、唐辛子の辛いのは苦手なんです。

    食べていると頭の毛穴から、汗が噴き出してくるほどの辛さ。

     好きな方はたまらないのでしょうが。

    そこでセットに付いている生卵を溶いて、スープに投入!




     少し辛さがマイルドになり、スープの旨みを感じる事が出来ました。

       生卵が付いている意味に納得しました。

 
    麺は太めの平打ち麺。

   歯ごたえも充分あり、なかなか良い感じの麺です。

    麺の味も充分楽しめて、のど越しもいいものです。


    具材は、大量のもやしがメイン。でニラが少々。


   
   ラーメンとしては、

    坦々麺そのものという感じです。

     辛い中にも、スープの旨みがあり

      麺も面白いと感じました。


     ラーメンとしては、とても仕事が丁寧なのを感じましたので
         
     次回は是非とも、普通の“ラーメン”を食べてみたいと思います。



     「中華飯店 香来」

     場所:和歌山ステーションビル MIO 地下1階
     営業時間:10:00~22:00
     定休日:無し

  


Posted by こまっちゃん at 21:54Comments(0)ラーメン放浪記

2012年05月12日

味千拉麺

   ラーメン放浪記 95


 仕事で岩出方面に車を走らせる機会が増え、少し前から気になっていた

            ・・・・・「味千拉麺」。


 友人のマックレーズさんが「ラーメン行脚」でブログアップしていたのを見て

   是非とも行かなくては、と思ってからしばらく経ってしまいました。


 マックレーズさんは海外でこのラーメンを味わったということです。

私は日本だけではなく、海外にも展開しているラーメンとは全く知らずにいました。




  「ラーメン」 600円


 ラーメンの価格は良心的に設定されています。


 セットメニューを注文したら、850円~900円くらいでしょうか。




  注文したのは、1/2チャーハンとのセットで 900円。


 (チャーハンのお味は、薄味で卵もよくご飯に絡み
   
    チャーシューのみじん切りも、程良い量でまずまずです。

   独特の調味料を使っている様で、オリジナリティーが有りました。)






  さてラーメンのお味です。


   熊本豚骨ラーメンということですが。

  スープは豚骨で、味だれは醤油ベース。

   見た目は白濁した醤油の色が混ざった茶色です。

    和歌山ラーメンではスープ自体の脂が主張するのですが、

     このスープはもともとあっさりしているものに、脂を後から足しています。

   博多ラーメンのスープに醤油ダレを加えて、香味油を加えたという感じでしょうか。

    味自体は悪くないです。ただパンチが無い感じ。


   麺は中太のストレート麺。

    茹で加減も丁度良いし、麺の加水率が高いせいか伸びない。

     この麺は味わい深いもので、とても良いです。


   具材は厚めチャーシューと葱、キクラゲ、茹で卵を半分に切ったもの。

       充分な量です。

    ただ葱が乾いていて、風味が少ないのが残念です。



   全体的には、よく出来たラーメンですが、

    麺意外は個性がない感じでした。





     「味千拉麺」

      場所:和歌山市田屋105
      ℡:073-461-3567
      営業時間:11:00~22:00
      定休日:無休
      その他:駐車場有り

     



  
タグ :


Posted by こまっちゃん at 19:29Comments(4)ラーメン放浪記

2012年05月03日

暴豚製麺所

   
   ラーメン放浪記 94


 久しぶりのラーメンです。

しばらくお休みしている間に、新しいお店があちらこちらで開店しています。

その中の一軒 「暴豚製麺所」。

 暴豚とかいて“らんぼうブタ”と読むそうです。




  暴豚ラーメン(並) 680円  トッピングにニンニクをオーダー(無料)


 ラーメンは、(小) (並) (大) があり、麺の量がそれぞれ 200g、300g、400g

となっています。


 並(麺は300g)でもかなり麺の量が多い(標準的な中華そばは、一人前が120g~140gくらい)




 お店の入り口に食券販売機があり、食券を購入してカウンターで食券を渡すシステム。





 お味です。


 スープは豚スープ。

  見た目そのとうりに、かなり脂っこい。が

 しかしそれほどしつこくないのが不思議なスープ。

  好みが分かれると思います。

   醤油味ですがスープ自体は甘めで、アクセントが少ないかな?

    テーブルに唐辛子があったので少し振りかけてみましたが、  
    
      脂っこさを解消するまでには至りませんでした。


 麺が最大の特徴。

  極太のちじれ麺。

  これだけ太いと茹がいても、粉っぽくなる麺が多いのですが

  それはあまり感じないのはGood。

  しかしもう少し、柔らかめのほうが私の好みですが
  
   硬めの麺の歯ごたえは味わえました。


 具材は厚めのチャーシューが2枚、キャベツ、もやし。

  チャーシューが多すぎると感じるのは私の歳のせいかもしれません。

   若いお客さんには、とても喜ばれると思います。

    トッピングの野菜増しも無料のようです。

      野菜に“さらし葱”があれば、あっさりと味わえると思うのですが。


 ラーメンとしては、(並は)麺が300gということもあり

  かなりボリュームがあり、食べ応えは充分。

   若い方向けのラーメンという感じでしょうか。

        『私と同じ年代の方は(小)をお薦めします。』

  





   「暴豚製麺所」

   場所:和歌山市中317
   ℡:073-499-6037
   営業時間:11:00~15:00  17:00~21:00 (平日)
          10:00~売り切れまで (日曜)
   定休日:無休
   駐車場:有り  


Posted by こまっちゃん at 20:47Comments(6)ラーメン放浪記